phpとmysql が使える
レンタルサーバー
ドメイン
選び
phpとmysql が使えるレンタルサーバー・ドメイン選びのポイント
仮想専用レンタルサーバー評価  
RATE3(3) ふつう

ラピッドサイト VPS-SJシリーズ VPS-サンノゼXXL

VPS-SJシリーズ(サンノゼ)は、新規受付を終了(販売終了)しました。
すべて国内サーバーのみとなりました。
以下は、参考のため情報を残しておりますが、いずれ予告なく削除されることをご了解の上、参照ください。
初期設定費 ¥10,080(税込)¥9,334(税抜)
月額 ¥5,121(税込)¥4,742(税抜) ~ 12ヵ月一括払い時(月払い:¥6,172)
お試し期間 7(日)
メモリ容量 4(GB)
CPU 不明
ディスク容量 200(GB)
仮想化技術 OpenVZベース
  • IPv6不可
  • ローカル接続不可
  • HDDのみ
  • DNS提供
  • DNS逆引き編集可

ラピッドサイト VPS-SJシリーズ VPS-サンノゼXXL は、どんなVPS(仮想専用サーバー)?

ラピッドサイトのVPS は、
お名前.com のドメインレジストラで有名な GMOインターネット株式会社のグループ会社である GMOクラウド株式会社(1993年12月 東京:有限会社アイル) が提供する VPSです。

以前は、サーバを日本国内に持つ VPS-JPシリーズ と サンノゼ(米国)に持つ VPS-SJシリーズ の大きく2つのシリーズがありましたが、現在は、国内のみの ラピッドサイトのVPS として一本化されました。
また、VPSを最初に開発したNTT-Verio社(前身:Verio社)の技術をベースにしていて、データセンターは、NTTコミュニケーションズ株式会社のものを利用しています。 (NTT-Verio社は、NTTコミュニケーションズ株式会社の子会社になります。) そもそも、Verio社は、FreeBSD VPSのFreeBSD Jail 、Linux VPSのOpenVZ の2つを提供していますから、ラピッドは、単純にOpenVZ を使っていると思います。(公式な情報ではない)

ラピッドサイトのVPS の特徴は、以下のようなものがあげられるでしょう。

  • 自前のデータセンターを持っていない

    ラピッドサイトのVPS のデータセンターは、NTTコミュニケーションズ 国内データセンターを使っています。 ある意味、NTTのネームバリューによる安心感がありますね。
    バックボーンもNTTコミュニケーションズ のものをそのまま利用しているので、高速回線には間違いないでしょう。


  • OSは、CentOS6のみ

    以前は、Red Hat Enterprise Linux 4 のみを使っていましたが、現在は、そのクローンでもある CentOS 6のみを使用しています。 良くも悪くも OSは、で変更できません。


  • グローバルIPアドレスの追加ができる

    最大20個 のグローバルIPアドレスの追加ができます。これが一番の特徴かもしれません。


  • セキュリティ面の機能(サービス)は充実している

    セキュリティ面の機能(サービス)として、以下のようなものがあります。

    • メールのウイルスチェックサービス(シマンテック社製)(メインホストのみ無料)
    • サイトのマルウェア感染検知・通知サービス(WebAlert) (Quick(クイック)30日間無料)
    • 3重バックアップからの復元
      • 同一筐体バックアップ(ミラーリング)
      • 別筐体バックアップ(1日一回)
      • テープバックアップ(週一回)

      ※テープバックアップからの復元(リストア)は1回あたり15,750円の料金が必要です。
      ※当機能は、データの復元を保証するものではありません。


  • 技術サポートがある

    なんとVPSでは、めずらしく、サーバーの基本設定から運用中のトラブルまで、電話・メールによる技術サポートがあります。
    また、有償ながら設定代行も行ってくれます。


  • 解約時の返金はない

    基本的に年払い(年契約)の場合、途中解釈での返金はありません。 例えば、既に年払いで一括して1年分の支払いを行った後、契約期間10ヶ月を残して解約したとしても 10ヶ月分の返金はありません。
    長期で契約する場合は、割引はありますが、注意が必要です。
    プラン変更時についても同様で、
    上位プランへの移行では、差額請求になります。下位プラン移行時は、マイナスの差額が発生しても返金はありません。


  • お試し期間なし、30日以内の解約時は、返還保証

    現在は、お試し期間はなく、もし契約後気に入らない場合は。30日以内に解約すれば全額返金となります。 ただし、一部のサービス料金は返金されないことがありますので、十分ご注意ください。


ラピッドサイト VPS の このプランは、海外サーバ( VPS-SJシリーズ ) の 最上位プラン です。
メモリ 4 GBディスク容量 200GB (6,480円/月 年払い時:4,980円 ) と リソースが潤沢なプランになっています。

このプランは、海外データセンターになります。なんと言っても、 ラピッドサイト VPS は、日本の企業でありながら、海外(アメリカ)のデータセンターを借りることができる点は、面白い特徴の1つだと思います。

国内データセンタには、メモリ4GBのプランがありません。 国内データセンターのメモリ2GBの VPS-XL と比較すれば、メモリ2GB増加分が、月額にして1,000円ほどで購入できることになります。

VPS-JPシリーズ と VPS-SJシリーズ の違いは、データセンターが国内か海外(米国)かの違いだけでサービスのコンセプトは同じです。

オプションとして、IPアドレスの追加(VPS-JP:最大8個、VPS-SJ:最大16個)もできますし、 セキュリティサービス(メールのウイルスチェックサービスなど)も利用することができます。
同じように、VPSでは めずらしい 技術サポートも行ってくれます。 海外サーバを日本語でサポートしてもらえるのは、個人的に英語の苦手な者としては、大変心強いと思います。

やっぱり、4GBのメモリは魅力ですね。メモリ容量が欲しい方には、このプランはおすすめでしょう。
また、技術サポートも行ってくれるようなので初心者向けでもあります。
なんだかんだで、自前でなんでもやりたくない人には、このようなサーバを選ぶのも一考かと思います。

おすすめな方

  • VPSってどんなものか体験してみたい方

    あまりサーバーの知識がなく、ウェブブラウザの画面で、ある程度設定できるようなVPSを探されている方には、検討する価値があるかもしれません。 VPSではめずらしく技術サポート(電話、メール可)があります。


  • 価格でなくサービスを重視する方

    価格でなく提供されるサービスを重視する方には、オプションを含めていろんなサービスが提供されていますので、メリットは多いと思います。
    例えば、IPアドレスを増やしたい、サイトのセキュリティを強化したいなどの要望にこたえるだけのサービスは用意されています。


  • php,mysqlでサイトを構築してみたい方

    スクリプト言語(php,perlなど)で動的なページを作成したい場合は、少なくともこの程度のリソースが欲しいところです。 どうしても、スクリプトを利用する場合、メモリ量、CPUパワーが、不足するともっさりと重たいサイトになってしまいます。 せっかく公開している大事なサイトですから、重たいページのせいで訪問者が避けてしまうのは避けたいところです。


  • 小さなサイトを複数稼動したい方

    小さなサイトをIPアドレスを分けて運用することができます。( IPアドレスの追加可。(VPS-JP:最大8個、VPS-SJ:最大16個) ) IP分散化には良いかもしれませんね。海外IPですしね。


  • 海外サーバを使ってみたい方

    日本企業でありながら海外サーバも使えるので、海外サーバを使ってみたいと思っている方には、良いかと思います。


おすすめでない方

  • コストパフォーマンスを重視する方

    リソースと価格からみれば、決してコストパフォーマンスが良いとは言えません。




ラピッドサイト VPS-SJシリーズ VPS-サンノゼXXL の機能・サーバースペック詳細

サーバースペック

機能名適用
CPU
不明
ディスク容量
200 (GB)
ディスク選択
HDDのみ
メモリ
4 (GB)
メモリ追加
○ メモリ追加可
スワップ
× スワップ設定不可
ネットワーク
× 非公開
※ トータル35Gbps以上 のバックボーンに接続。
転送量(目安)
○ 無制限 (GB/月)
仮想化技術
OpenVZベース
バックアップ方式

RAID1によるミラーリング+毎日ハードディスクバックアップ+毎週テープバックアップの3重バックアップ。
SLA保障
○ SLA保障有り : 99.9%稼働率保障
提供IPアドレス(v4)数
1 (個)
IPアドレス(v4)追加
○ 7 (個)
IPアドレスは、オプション(1個 月額420円)で最大8個ご利用いただけます。
提供IPアドレス(v6)数
0 (個)
IPアドレス(v6)追加
× 利用不可
ローカル接続
× ローカル接続不可
無料DNS
○ 提供
逆引き編集
○ 編集可

OS関連

機能名適用
初期OS
Red Hat Enterprise Linux 4
リモートデスクトップ
対象外
初期設定でインストールされるサービス名
○ ウェブサーバー:httpd(apache)
○ メールサーバー:sendmail
○ FTPサーバー:ftp(proftp)
× DNSサーバー:未
○ データベース:mysql/postgre
○ リモートアクセス:ssh
コントロールパネル
独自のVPSコントロールパネル
OS制御
○ OS再起動:可
○ OS起動:可
○ OS停止:可
○ OS再インストール:可
ネットからの依頼にて初期化される。
○ リモートコンソール:提供
× OS選択:不可
× OS変更:不可
○ root権限:有り

その他

機能名適用
サポート体制
○ メール/ホームページ、電話の対応有
電話サポートは、平日10:00~18:00のみ受付。
お試し期間
○ 7 (日)

料金

機能名適用
初期設定の価格
¥10,080(税込)¥9,334(税抜)
月額(月払い)
¥6,665(税込)¥6,172(税抜)
月額(一括割引)
¥5,122(税込)¥4,743(税抜) ※月額最安値
(端数はすべて繰り上げで表示しています)
一括割引時の契約期間
12 (月)
一括割引時の総額
¥61,468(税込)¥56,915(税抜)
1年目総額(1年分)
¥71,547(税込)¥66,248(税抜) ※最安契約時
支払方法
クレジットカード / 銀行振込 / 自動口座振替(郵便振替)


  • はてなブックマークへ追加する
  • Google Plusでシェアする

  • ツイッターはじめました。
  • twitter でつぶやく
  • フェイスブックはじめました。
  • Facebookでシェアする

関連記事


口コミ・評判

評価する 評価をみる
名無し さんの評価
評価日時2011-04-03 15:05:30
総合評価RATE3(3) ふつう


口コミ・評判を投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
(口コミ・評判欄には、表示されませんが入力が必要です。)

サイトアドレス



新型コンピュータウィルス「JSRedir-R(通称:Gumblar・GENOウィルス)」の亜種が、2009年末より猛威を振るっており、 現在もウィルスによって、FTP接続パスワードが抜き取られる事象が多発しております。

このサイトでは、ランキング情報には、すべてのレンタルサーバーの情報が表示されますが、 おすすめ情報には、SFTP/FTPSに対応していないレンタルサーバーをおすすめはしないようにしております。

phpとmysql が使えるおすすめ格安レンタルサーバーをご紹介します。もちろん、Joomla!,WordPress,Mobile Typeなどの有名なCMSも使える格安、割安感のあるレンタルサーバーを厳選して、比較紹介します。

  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ