phpとmysql が使える
レンタルサーバー
ドメイン
選び
phpとmysql が使えるレンタルサーバー・ドメイン選びのポイント
ニュース情報

GMOクラウドが新専用サーバープラン スマートシリーズ (Xeonで¥9,800から)を提供するらしいです。

GMOクラウド 専用サーバー


GMOクラウドが新専用サーバープラン スマートシリーズ (4コア Xeonで¥9,800から)を提供するらしいです。
2012年9月26日から提供開始、既に予約受付中です。

先行予約の特典もあるらしいです。
・共有ファイアウォール&ロードバランサーの初期設定費0円
・運用代行のマネージドサービス月額費用割引
・システム移行サービス割引


これって、さくらの専用サーバ のパクリ?と思わなくもないですが、
でも、専用サーバも安くなりましたね。利用する側としてはありがたいことです。


GMOクラウド 専用サーバー スマートシリーズ

シリーズ名 スマートシリーズ
プラン名 Xeon SATA-S Xeon SSD-S
初期費用 79,800円
月額費用 12カ月 9,800円 12,800円
6カ月 10,800円 13,800円
1カ月 11,800円 14,800円
CPU Xeon E3-1230LV2
標準・最大メモリ 16GB~32GB
標準回線 100Mbps共有
回線アップグレード 100Mbps共有(50Mbps優先)/100Mbps共有(100Mbps優先)/1Gbps共有
ストレージ HDD500GB(500GBx2/RAID1) SSD240GB(240GBx2/RAID1)
OS選択 CentOS5/CentOS6/Windows Server 2008 Standard
運用代行
「マネージドサービス」
クラウド連携

さくらの専用サーバ エクスプレスシリーズ

モデル
 
HP DL2000 Xeon 4Core HP DL2000 Xeon 6Core HP DL2000 Xeon 4Core 2CPU
月額料金
1年分前払いで1ヶ月分割引!
9,800円
(年間一括:107,800円)
11,800円
(年間一括:129,800円)
13,800円
(年間一括151,800円)
初期費用
79,800円
99,800円
119,800円
CPU
Xeon E5620
2.40GHz 4Core
Xeon E5645
2.40GHz 6Core
Xeon E5620
2.40GHz 4Core 2CPU
メモリ
標準
16GB
アップグレード
オプション
16GB増設(合計32GB)
48GB増設(合計64GB)
内蔵
ストレージ
標準
HDD SATA 1TB ×2 (RAID1)
アップグレード
オプション
HDD SATA 2TB ×2 (RAID1)交換
HDD SAS 600GB ×2 (RAID1)交換
Inten320 SSD SATA MLC 160GB ×2 (RAID1)交換
回線 標準 スタンダード(100Mbpsアップリンク ベストエフォート回線)
アップグレード
オプション
プレミアム10(100Mbpsアップリンク 10Mbps優先制御回線) 
プレミアム30(100Mbpsアップリンク 30Mbps優先制御回線) 
プレミアム100(100Mbpsアップリンク 100Mbps優先制御回線)
スタンダード1G(1000Mbpsアップリンク ベストエフォート回線)
IPアドレス 標準 IPv4アドレス × 1個 IPv6アドレス × 1個
アップグレード
オプション
IPアドレス追加可能。
ローカル接続回線 100Mbps(ベストエフォート)
サーバ構成台数 無制限
提供納期 標準構成:お支払い確認後 最速10分以内
オプション選択時:お支払い確認後 5営業日以内

どうでしょう!?

初期設定費 : 79,800円
月額 : 9,800円

と合わせてきた感じは否めません。

GMOクラウドは、お名前.com で有名なGMOグループ会社で、GMOが色々と買収してきたサーバー会社を1つにまとめた会社です。
GMOクラウドの専用サーバーは、旧アイル専用サーバーになります。

ちなみにCPUの性能は、以下のような感じです。

Xeon E3-1230LV2 Xeon E5620
コア数 4 4
スレッド数 8 8
周波数 2.4 GHz 3.2 GHz

若干ながら、周波数的には、Xeon E3-1230LV2 の方が上のようですが、果たしてどこまで差があるかは、 マザーボードからメモリ、ディスクを含めてサーバー全体で評価する必要もあるので、ここでは、判断は難しいです。
後発のGMOクラウドの方が、若干、ハードスペック上では上回っているようではありますが・・・。

また、両社とも提供の専用サーバーは、昔のように電源投入をサポートにお願いしないといけないような時代ではなくなっていて、 VPSのようなウェブブラウザ上のコントロールパネルから遠隔操作で電源投入できるようになっています。
もちろん、シリアルコンソールも使えますので、もしセッティングで失敗してSSH経由でログインできなくなっても安心です。

本当に便利になりましたね。

興味がお有りの方は、まずは、詳細スペックをご確認ください。

GMOクラウド 専用サーバーは、http://private.gmocloud.com/ へどうぞ。

さくらの専用サーバは、http://server.sakura.ad.jp/ へどうぞ。





  • はてなブックマークへ追加する
  • Google Plusでシェアする

  • ツイッターはじめました。
  • twitter でつぶやく
  • フェイスブックはじめました。
  • Facebookでシェアする

関連記事


口コミ・評判



口コミ・評判を投稿 :

お名前 *

メールアドレス *
(口コミ・評判欄には、表示されませんが入力が必要です。)

サイトアドレス



新型コンピュータウィルス「JSRedir-R(通称:Gumblar・GENOウィルス)」の亜種が、2009年末より猛威を振るっており、 現在もウィルスによって、FTP接続パスワードが抜き取られる事象が多発しております。

このサイトでは、ランキング情報には、すべてのレンタルサーバーの情報が表示されますが、 おすすめ情報には、SFTP/FTPSに対応していないレンタルサーバーをおすすめはしないようにしております。

phpとmysql が使えるおすすめ格安レンタルサーバーをご紹介します。もちろん、Joomla!,WordPress,Mobile Typeなどの有名なCMSも使える格安、割安感のあるレンタルサーバーを厳選して、比較紹介します。

  • はてなブックマークへ追加する
  • Facebookでシェアする
  • twitter でつぶやく
  • Google Plusでシェアする
  • Pocketでシェアする
ページトップへ